ホワイトペンギン遊歩道

趣味などを書くブログ

大事なのはステータスだけじゃない!暴走ルーンの強さについて考えてみた

アリーナにて

うわあ暴走かあ。(1回目)
え、また?(2回目)
いやいや続きすぎでしょ!(3回目)
なんでだあああああ!(4回目)
以下略。

こんな経験したのはきっと自分だけではないはず。
そんな敵に回すと厄介な暴走ルーンについて少し冷静になって考えてみた。
なんで強いのか。


まず、暴走ルーンについて。
ターン終了後に22%の確率で直ちにもう1ターン獲得する。2回目以降はターン獲得確率は下がる。
うーん、強いね。


その強さについて考察してみる。
なお、ここでは簡単に1回暴走する場合を考えてみる。

暴走ルーンのターン獲得確率は22%
つまりこれは期待値にすると1.22回行動できるということ。

ではここで、迅速のルーンはというと。

攻撃速度が25%増加するので、例えば攻撃速度が100のモンスターは125になる。これも期待値で考えると1.25回行動できるということ。


あれ、あんまり行動できる回数変わらなくね?
個人的には結構盲点だった。

厳密にいうと迅速ルーンには先手を取れるという大きな特長があるけど、それ以外はさほど大差がないのでは?と思った。


暴走ルーンが強いと思う理由の2つ目

即座にターンを獲得できる。
当たり前だけどこれは何も攻撃した後だけではない。
気絶、凍結して動けなくてターンを終了した後も発動する可能性がある。


まあ何が言いたいかというと、22%の獲得で、1ターンのデバフを無効にするということ。
考え方を変えると防御面でもにも有用なんじゃないか?と思い始めた。

これって20%効果抵抗をあげる忍耐のルーンの役割と似てね?ってね。

つまり、暴走って迅速と忍耐の機能も持ち合わせたルーンという考えもできるということ。

そう考えると4セットの迅速ルーンと2セットの忍耐ルーンをつけるより、4セットの暴走ルーンのほうがお得じゃない?

重ねて言っておくけれども、暴走ルーンのポテンシャルの高さを述べたいだけであって、迅速ルーンと忍耐ルーンにもそれぞれの特徴と良さがあるのであしからず。


強いと思う理由3つ目。
運が絡むということ。
これは対人戦に最も真価を発揮する。

このゲームって全てのパラメーターが数値化されてるじゃん?
モンスター画面でステータスとスキルを見るとだいたいの強さがわかる。

暴走ルーンをつけても数値としてのパラメータは変わらない。でも運の要素がプラスされる。

その運がアリーナにていわゆる事故を生み出す。

勝負ごとは運を絡めれば絡めるほど大番狂わせが起こる。

予想できない動きによって行動順が変わる、計画が崩れる、戦略通りにいかない。

これこそ暴走ルーンが嫌われるが強い所以だろう。

以上だいたい3つかな。

暴走ルーンつけたいけど全く持ってない…。
ドラゴンダンジョン頑張らなきゃ。
でもクリアに3分以上かかるからな〜

とりあえず巨人とモンスター育成頑張ろう。